toggle

庖丁のお手入れ

■お買い上げ前に

「庖丁工房タダフサ」の庖丁は、オールステンレスの包丁に比べ、鋭い切れ味をお楽しみいただける分、普段の手入れに少々注意が必要となります。表面はステンレスなので錆びが発生しにくいですが、切れ刃は鋼(SLD鋼または青紙鋼・白紙鋼)のため、手入れや保管環境によって錆びが発生する場合があります。心地よい切れ味とともに、お手入れや研ぎ直しもあわせてお楽しみください

「庖丁工房タダフサ」シリーズについて

■ご使用前に

最初に使用する前に刃部全体を食器用中性洗剤を使って、柔らかいスポンジ等で十分に洗い、すすいでください。その後乾いた布で水分をしっかり吹いてください。

■普段のお手入れ

  • ご使用後はお湯で庖丁全体の汚れをよく洗い落とし、水気を十分に拭き取って安全な場所に収納してください。
  • 漬物・レモンなど塩分・酸性の強い食品を切った場合は特に汚れをよく洗い落としてください。
  • 食器洗い機・食器乾燥機・電子レンジ・オーブンなどの中に入れないでください。破損の原因になります。
  • 最初は切れる刃物も使うたびに少しずつ切れ味が悪くなります。3か月に1回は砥石で研いでください。研ぐことが苦手な方は弊社にお任せください。

■保管方法(長時間ご使用にならない場合)

  • お手入れ方法に従った後、新聞紙や布などで刃全体を覆い、冷暗所などで安全に保管してください。
  • 危険ですのでお子様の手の届かない所に保管してください。