toggle

庖丁とは

■庖丁の分類について

和庖丁

全鋼の「本焼き」、軟鉄の地金に鋼を貼り合せた「合わせ(霞と呼ぶこともある)」があります。また、和包丁は鋲などを使わず中子を柄に差し込んでいるため、柄の交換が容易です。片刃と両刃の物がありますが、片刃の方が種類が多く、右利き用・左利き用の区別があります。

洋庖丁

刃については、最近は中に鋼が入った3層構造のものも多くなりましたが、基本的には全鋼で両刃の庖丁が多いです。また、洋庖丁は中子を挟み込んで鋲打ちや接着剤で留めているものが多いため、柄の交換が困難です。オールステンレス(ハンドルまでステンレス)の物も洋庖丁のジャンルに入ります。

■庖丁の構造について

片刃

和庖丁に多く、用途によって様々な種類があります。日本料理などで専門的に使われる庖丁で、表から刃が研がれており、裏には窪みがあります。上から見た時に右側に刃がついているものが右利き用、左側に刃がついているものが左利き用です。

両刃

三徳庖丁・菜切庖丁・ペティナイフなどに代表されるように、ご家庭で一番多く使用されている庖丁です。表と裏、両方から同じ様に研がれており、刃が中心にあります。

 

■庖丁の種類について

パン切り庖丁<両刃>

タダフサのパン切り庖丁は「波刃だけではない」パン切り庖丁です。切れ味が鋭く、パンの切り口がなめらかでパンくずがほとんど出ません。柔らかいパンはつぶさずにすんなり、皮が硬いパンも、先端部の波刃できっかけをつくることですっと切れます。従来の波刃のパン切りと違い、研ぎ直しをしてご使用出来ます。

三徳庖丁<両刃>

肉・魚・野菜の調理に使用できることから「三徳」と呼ばれている庖丁です。先が尖っているので幅広い用途があり、ご家庭で一番多く使われている庖丁です。

菜切庖丁(角型)<両刃>

その名の通り、野菜を切るための庖丁です。刃は水平で幅が広いので、白菜などのカサのある野菜を切ったり皮をむいたりするのに便利です。アゴの丸いのが「東型」、角ばったのが「西型」です。刃渡りは15㎝~17㎝が一般的です。

ペティナイフ<両刃>

「ペティ」とは小さいと言う意味で、ジャガイモや人参の面取り、野菜の飾り切りなど、大きな庖丁では面倒な細工もこのペティナイフがあれば簡単にできます。

牛刀<両刃>

ヨーロッパから伝わった庖丁(洋庖丁)で、真直ぐに切り込むのに都合よく肉以外にも野菜を刻んだり、小魚をさばいたり、お刺身を引くこともできます。刃渡りが長いので大きな野菜やスイカなどを切るのに適しています。

出刃庖丁<片刃>

魚をさばく時に使用する庖丁です。峰が厚くてがっしりした印象で、なんでもザクザクと切れてしまいそうですが、刃の作りはとても薄く、しかも片刃ですので、乱暴に叩き切りしたりすると刃コボレします。このような場合は、峰に手をそえてグッと押すように切る事をお勧めします。刃渡りは、15㎝あればたいていの魚はさばくことが出来ます。

アジ切庖丁<片刃>

アジなどの小型の魚をさばく庖丁です。釣りをする方などに重宝されています。

柳刃庖丁<片刃>

一般的な刺身庖丁です。刃の形状が柳の葉に似ているので柳刃とも呼ばれています。刃の長さを利用してスーッと引くように切りますので、少なくとも刃渡り20cmは必要です。